f0128723_15152991.jpg

6月に箱根で買った球根ベゴニアですが、ここ1週間の涼しさと、台風前後の湿気で、急に大きくなりました。葉もちゃんと展開してないのに、いきなり蕾だよ(汗。
f0128723_15154466.jpg

こちらは黄色の方。これも10日くらいでぐいぐい生長。葉の縁が心なしか、丸まってるのが気になります・・・・・バーミキュライトに見える双葉はハイビスカス、アーノッティ(生長が見られないのは何故?)。

*

昨日の事。
なんとなく体調不良で食後ウトウトしていたら、転職コンサルのTELで起こされた。
deadline. 3時。yes言ってしまったよ
無職ではなくなるというものの、これでいいのか?

*

The story in my heart.....

乱気流と横殴りの雨、嵐に見舞われ「無職島」に不時着した機は、
ようやく管制塔と交信が取れたため、「茨城」に向かって進路を取り、これから離陸体制を取ることに。

滞在することほぼ3ヶ月。
「前職」という名の海賊の攻撃に遭ったり、心の天候不良など生存の危機すらあり、また、時折訪れる機影に対し、狼煙や救難信号を送るも、気づかれたようで無視されたり、近づいた救助艇が引き返すなどの一喜一憂もあった。そろそろ備蓄も底をつき、食料危機にも見舞われつつあったので、いい頃合いである。というか、限界であった(汗。

しかし予想外の海の幸や現地人の優しさなどに触れることもあり、つらいだけではなかった模様。乗客乗務員は疲れを見せ、痩せてはいるが、健康状態は取り戻しているようである。

「機はこれより離陸体制に入ります」ようやくエンジンを始動。力強い音が響き渡る。喜びの声も聞こえる。しかしシートベルトをつけ、乗り込んだ心の乗客の中には、そこが「final destinationー最終目的地」ではないことに気づいている者もいるようである。

旅の目的は、給油。
さらに人生の旅はまだ、続く。(たぶん)
(ここで挿入歌、♪旅はまだ〜 終わらない〜 by 中島みゆき)
パイロットは人知れず、次の給油地との交信の努力を継続中である
(Okayama, Tokyo)。

管制塔の声は、ようやく離陸体制に入れることに、喜びに満ちている
(そりゃそーだ、何社か流れているし、転職紹介費用がっぽり!)。

*

何が心にひっかかっているのか、自分の中の乗客をインタビューし分析してみたが、
「やっぱり企業は嫌い(特にベンチャー)」
前職のパワハラが相当響いているようである。
そもそも軍隊の一員になることなどとんでもない!
(ここで突っ込み、ビリーはいいのか!)

「非常に高い評価、是非!」と言いつつ、いきなり提示額で足下見て来たのも気に入らないし、仲介業者を通して交渉したら上げたり下げたり(交通費込み)とか、不信感いっぱい。
そもそも、交通費が嵩むから茨城に引っ越しが条件なんて・・・
(この大量の植物どうしよう 滝汗)

という訳で、折角決まったというのに、心は梅雨空のようにどんよりスッキリしない。東京でアカデミアに戻れればねぇ・・・

*

「当機の到着予定時刻は、8月○○日、現地の天候は、乱気流が予想されます。
乗客の皆さんは、フンドシ・・・ ではなく、シートベルトをしっかり締めてかかるよう、心よりお願い申し上げます

赴任と同時に、厳しい査定が始まるでしょう。
一挙手一投足が私の評価。頑張りましょう・・・ 何だかいやだな〜・・・ (汗
[PR]

by myoi2 | 2007-07-21 15:39 | 園芸  

<< Triple Booking 品川エプソン水族館 >>